記事一覧

カンペールの厚底シューズ「ピクス」

カンペール(CAMPER)のユニセックスシューズ「ピクス」から2021年秋冬の新作モデルが、全国のカンペールストアなどで販売。

厚底ソールの「ピクス」から新作シューズが登場

「ピクス」は、縦方向に細かくカットした、個性的なビジュアルのチャンキーソールを備えたシューズシリーズだ。今回登場する新作は、「ピクス」を象徴するソールに、様々なデザインのアッパーを組み合わせたモデルを用意する。
ロエベ コピー

中でも注目は、“カーディガン”から着想したというニットブーツ。ユニークな幾何学模様を、「テンセル」繊維を編んだニット素材で表現している。簡単に着脱できるようフロントにジップを施すなど、機能面もばっちりだ。

ステッチワークが特徴のレースアップシューズも用意。クリーンなホワイトまたはブラックのアッパーに、それぞれ反対色のステッチを効かせている。アッパーの素材には、レザーとBCIコットンを用いた。

また、編み目の粗いレザーサンダル風のアッパーを組み合わせたローカットシューズや、クラシックなレザーシューズ風のモデルもラインアップ。さらに、サイドゴアとレースアップといった2種類のブーツも展開される。

【関連記事】:プレゼントに高級の腕時計を送ります

リーボック×トムとジェリー

リーボック(Reebok)と人気アニメ「トムとジェリー」のコラボレーションによるユニセックスのスニーカー&アパレルコレクションが登場。2020年1月24日(金)よりリーボックストア渋谷をはじめ、リーボック クラシックストアおよびリーボック フィットハブにて発売される。

リーボック クラシック×「トムとジェリー」のコラボスニーカー&アパレル
今回のコラボレーションでは、いたずら好きのネズミ・ジェリーと、そのジェリーを追いかけ回すネコのトム、その2匹が繰り広げるコミカルなバトルを様々なアプローチで表現したスニーカー&アパレルがラインナップ。

トムの毛皮を模したフリース素材の「インスタポンプフューリー」

中でも注目したいのは、リーボックの代名詞的アイテムである「インスタポンプフューリー(INSTAPUMP FURY)」をベースにしたスニーカー「インスタポンプフューリー × トム(INSTAPUMP FURY x Tom)」。トムの毛皮を模したフリース素材のアッパー、ソール部分に散りばめられたキズや絆創膏のグラフィックなど、様々なトムのモチーフを落とし込んだ一足となっている。

ジェリー&作品内のシーンを表現しスニーカー「クラブ シー」

また、スニーカーラインアップには、柔らかいブラウンベースのスエードをシュータンとアッパーに使用し、アクセントでピンクとイエローを取り入れた「クラブ シー リベンジ × ジェリー(CLUB C REVENGE x Jerry)」、全面的に「トムとジェリー」のロゴやアニメのスケッチ&サウンドグラフィックスを施した2種類の「クラブ シー × トムとジェリー(CLUB C x Tom & Jerry)」も用意されている。

クラブ シー × トムとジェリー

なお、今回登場する「インスタポンプフューリー」および2モデル「クラブ シー」は、いずれもユニセックスサイズに加えてキッズサイズも用意。ファミリーで揃えて履くのもおすすめだ。

遊び心溢れるユニセックスウェアも

そのほか、これらのシューズに加えて、Tシャツやフーディー、スウェット、ジャケット、フーデッドドレスといった、遊び心あるユニセックスアパレルも発売。いずれもトムとジェリーのイラストと、リーボックのロゴを合わせて配置した、コラボレーションならではのデザインとなっている。

【関連記事】:北海道の最新ファッション情報

池田エライザとコラボ、レトロポップな新作スニーカー

ルコック スポルティフ(le coq sportif)より、新作シューズが登場。2021年9月29日(水)より、全国のルコック スポルティフ シューズ取扱店の一部で販売される。

ルコック スポルティフと、モデル・女優・歌手としてマルチに活躍する池田エライザとのコラボレート・コレクション「エライザ エル・シー・エス」。その第3弾として、"チルポップ"をテーマに掲げた新作シューズが登場する。

コレクションは、どこか懐かしさを感じる、ポップなカラーリングが特徴。「LCS R800 Z1 EZ」は、オフホワイトのボディに、ピンクとグリーンのカラーブロックを配した。反対色を落ち着いたトーンにまとめることで、調和の取れたレトロな表情に仕上げている。

同型のスニーカーは、ダークトーンのものも用意。こちらはブラックをベースに、パープルやピンク、ライトブルーで彩った。また、靴紐のバリエーションにベージュを加えることで、重すぎないカラーバランスを叶えている。

"天然石"着想のシンプルシューズも

様々なコーディネートに合わせやすいシンプルなデザインに、さりげなくアクセントを加えたモデルも。スリムなシルエットの「LA ローラン SL EZ」には、かかと部分に"大理石"の柄を施した。また、紐先がグラデーションになったシューレースが付属している。

天然石"オパール"から着想した「LA セーヌ II ワイド EZ」にも注目。鮮やかなパープルのアッパーに、ピンク色に艶めく"原石"のパターンや、ミントグリーンのディテールを組み合わせた。チャレンジングなカラーながら、ブラウンなどの秋冬色とも高相性なので是非トライしてみて。

【関連記事】:http://yoneya.top

フィラ×メゾン ミハラヤスヒロ第6弾

フィラ(FILA)とメゾン ミハラヤスヒロ(Maison MIHARA YASUHIRO)のコラボレーションウェアやシューズが登場。2021年10月中旬よりメゾン ミハラヤスヒロ 表参道ヒルズ店・大阪店にて販売される予定だ。

テーマ"THE STREET AND THE ROAD"の都会的スポーツウェア

"ハイファッション"としてのスポーツウェアを展開してきたフィラとメゾン ミハラヤスヒロのコラボレーション。第6弾となる今回は“都会×自然”の「THE STREET AND THE ROAD」をテーマに、洗練されたデザインと、モダンスポーツを感じさせる機能素材を融合させた。

ボリューム感あるバスケットシューズ

まず注目したいのは、フィラの代表的なスニーカー"グラント・ヒル"モデルをアップデートした「FM-11」。3層から成るアッパーや、泡のような模様が見える発砲の新素材を使用したソールを採用することで、ボリューム感のあるシルエットに仕上げた。ホワイトを基調にネイビーやレッドでカラーリングされた、タウンユースなバスケットシューズとなっている。

フィット感ある中綿ジャケットをモノクロで

中綿ジャケットでは、立体裁断を駆使したパターンで快適なフィット感を叶えた。バイカラーのブルゾンは、黒のベースにホワイトがライン状に用いられた、モダンな印象の一着だ。

ブラウン系のカラーブロックが目を引くブルゾンも登場。ファスナーの引手など、細部にはスポーティな質感がプラスされている。その他、大胆なカッティングを施したトレーナーやフーディ、パンツ、ドラム型バッグなど、コーディネートやレイヤードによって表情を変える、多彩なアイテムを用意する。

【関連記事】:世界中のパーソナルショッパーが発信中!バイマだけのファッショントレンド情報!

ナイキ x フラグメント デザインのスニーカー

ナイキ(NIKE)と、藤原ヒロシが率いるフラグメント デザイン(fragment design)のコラボレーションスニーカーが、2021年9月5日(日)、ナイキ原宿ほかにて発売される。

ネイビー×ブラックでアレンジしたコラボスニーカー

ナイキ コピー
コラボレーションでベースとなるのは、ニューヨーク、ロンドン、北京に着想を得て2010年に製作された「フラグメント ダンク “シティ パーク(City Pack)”」の3種類のうち、「北京」をテーマとしたシューズのアップデートモデルだ。

対称になったカラーブロックデザインやカラーリング、ヒールにエンボス加工で施したサンダーロゴといったアップデートモデルの特徴を踏襲しつつ、日本限定カラーのネイビー/ブラックで用意した。

関連記事:http://purezennto2000.chesuto.jp/
http://deergrylls.top/

リーボック クラシックのスニーカー

リーボック クラシック(Reebok CLASSIC)が90年代にリリースしたスニーカー「アズトレック(AZTREK)」が復刻。「アズトレック OG(AZTREK OG)」として、2018年7月19日(木)に発売される。

リーボックが80年代、90年代の名作シューズを現代に復刻する「ALWAYS CLASSIC」シリーズの新作は、1993年に発売された、ボリューミーなソールとオフロード対応の優れた耐久性を特徴に持つランニングシューズ「アズトレック」。

目を引く白いアッパーをベースに、大胆なアウトソールのパターン、90年代当時のブランドロゴ、リフレクター素材を用いたドット、アクセントのミント/ローズカラーなどを組み合わせたレトロ感溢れるデザインを、オリジナルカラーで現代に甦らせた。

関連記事:http://wekde564.blog.jp/
http://paynst.top/

アディダス オリジナルスから鮮やかブルー

アディダス オリジナルス(adidas Originals)から新スニーカー「R - Retro : ZX 1000C」が、2020年8月7日(金)よりアディダス オリジナルス フラッグシップ ストア 原宿・新宿ほか取扱店にて発売される。

“アルファベット”を名前に冠した26足のスニーカーシリーズ「A-ZX」

2008年から2009年にかけてデビューしたアディダス オリジナルスの「A-ZX」シリーズ。2020年秋冬シーズン、アディダスは「A-ZX」シリーズのデビュー以来初となる、AからZまでアルファベットの頭文字をモデル名に冠した全26足のシューズを連続でリリースする。

第1弾は「ZX 1000C」シリーズの初代モデルを初復刻

シリーズ第1弾のアルファベットは“R”。「R – Retro(レトロ)」として、1980年代後半に登場したアディダスのスニーカー「ZX 1000C」シリーズのファーストモデルを初めて復刻する。

「R - Retro : ZX 1000C」は、モノクロの合成スエードとナイロン製メッシュアッパーを組み合わせたアッパーをベースに、アディダス オリジナルス伝統のブルーをスリーストライプス、つま先、ヒール部分に配した。

クリーム色のアウトソールには、足の安定性を向上させる「トルションシステム」が搭載されている。

なお「A-ZX」シリーズは、本モデルを皮切りに、世界で注目を集めるパートナーとのコラボレーションやアディダスのアーカイブモデルから着想したモデルを続々と展開予定。アルファベット1文字につき1モデルずつ登場するので、第2弾以降のモデルにも注目だ。

関連記事:http://rariru.top/

アトモス ピンク×プーマの厚底ウィメンズスニーカー

プーマ(PUMA)とアトモス ピンク(atmos pink)のコラボレーションによる「メイズ(MAYZE)」スニーカーが、2021年8月4日(水)に発売される。

凹凸状のアッパーを採用した厚底スニーカー

厚底ソールが特徴的な「メイズ」は、クラシックでありながらも洗練された印象にまとめたウィメンズスニーカーだ。存在感あるソール部分は、3層構造となっている。

アトモス ピンクとのコラボレーションでは、凹凸のあるアッパーを採用。ホワイトを基調としつつも、チャンキーソールにはダークグレーを使用し、メリハリの効いた1足に仕上げた。

関連記事:http://kumanoit.com/facebook/diary.cgi

VANSxボーイズオブサマーコラボスニーカー

VANS(ヴァンズ)は、スケーターチームのアパレルライン「ボーイズオブサマー(BOYS OF SUMMER)」とコラボレーションしたスニーカーをVANS スケートボーディング取り扱い店舗にて2021年5月27日(木)より発売する。

VANSxボーイズオブサマーコレクションのコラボスニーカー
ヴァンズ(VANS) スケート オールドスクール|写真22
VANSの最新コラボレーションは「ボーイズオブサマー」とタッグ。「ボーイズオブサマー」は、シュプリーム(Supreme)協力のもと“ドリームチーム”とも言える名だたるスケーターが集まったスケート映像作品から生まれたアパレルライン。映像作品にはRowan、Anthony Van Engelen、Elijah Berleなどが出演し、一緒に旅をしたりスケートをしたりする、男同士のダイナミックな関係を表現した。

ヴァンズ(VANS) スケート オールドスクール|写真1
今回は、その映像作品をインスピレーション源に、スケーター同士の関係をデザインとして反映。特徴的なのは1足に2名のスケーターの名が刻まれているところ。片方のスケーターの名前を左足に、もう片方のスケーターの名前を右足に刻む「シェアード・プロ・モデル」が起用されている。

ラインナップは、VANS人気モデルを中心とした全3足。「スケート オールドスクール(Skate Old Skool)」は、ネイビーのキャンバス地とブラックのスエードをコンビネーションさせたシックなカラーリングのモデル。

ホワイトソールにはストライプ模様を刻み、ヒールカウンターにはシューズの名前を記した。外側のベロには "Good Times, Bad Times "と書かれ、ラバーサイドウォールには "Boys of Summer”のロゴがあしらわれている。

「Rowan Pro」をベースにしたモデルには、プロスケーターのRowan ZorillaとAidan Mackeyのエッセンスを落とし込み、ヒール部分に二人の名前を刻んだ。サイドウォールには“Boys of Summer”の文字を添えて。

90年代のスケートシューズを彷彿とさせる「Varix」はラック/ネイビーのアッパーには、リフレクターとグラフィックが施したレトロシックなデザイン。ソールには、クリスタルラバーのアウトソールが組み合わせ、フレッシュなスタイルに仕上げた。

ベイト×リーボックのコラボシューズ

ベイト(BAIT)とリーボック(Reebok)がコラボレーションしたメンズシューズ「ベイトxリーボック クラシック “ウエスト イースト”パック(“West East” Pack)」が2021年7月30日(金)よりベイト直営3店舗他にて発売される。

ベイト×リーボックの白スニーカー

ナイキ コピー
「ベイトxリーボック クラシック “ウエストイースト”パック」では、ヴィンテージ加工が施されたソールとクラシックなホワイトレザーを組み合わせた全3型のメンズスニーカーを用意。

アイコニックなH型のストラップが印象的なシューズ「ベイトxリーボック メン ワークアウト プラス(MEN WORKOUT PLUS)」と、スポーティでスタイリッシュな「ベイトxリーボック メン エックスオーフィット ロー クリーン(MEN EXOFIT LO CLEANE)」、1985年にテニス専用のコートシューズとして誕生した「ベイトxリーボック メンクラブ C 85(MEN CLUB C 85)」が揃う。

“米国旗&英国旗”をあしらったアシンメトリーデザイン

いずれもロゴウィンドウ、タンラベル、インソールの内側に、左足には米国旗とベイトのロゴを、右足には英国旗とリーボックのロゴをセット。ヒールには東西を表したレッドとブルーでそれぞれのブランドロゴを刺繍し、コラボレーションらしいデザインに仕上げた。

ニューバランス「M1300」に初の日本製スニーカー

ニューバランス(New Balance)のアイコンスニーカー「M1300」から、初の日本製「M1300JPJ」が登場。ユニセックスモデルが、2020年7月17日(金)より、東京・日本橋浜町に同日オープンするコンセプトストア「ティーハウス ニューバランス」、ニューバランス公式オンラインストアで発売される。

「M1300」から初のメイドインジャパンモデル

「M1300JPJ」は、「M1300」のオリジナルモデル発売35周年を記念して誕生するもの。「M1300」は1985年から現在にいたるまで、オリジナルに準じたメイドインUSAかつヌバック&メッシュのアッパー素材でのみ復刻されてきたが、今回はオリジナルのカラーやディテールはそのままに、メイドインジャパンかつ最高級国産フルヌバックレザーに素材をアップデートして発売される。

日本の工房でフルハンドメイド

「M1300JPJ」は、ニューバランスとグローバル・パートナーシップを結んでいる日本の工房「ミムラボ(M.lab)」で製作。普段はアスリートに向けたパフォーマンス・ランニングシューズを製造している職人たちが、レザーシューズ本来のクラシックな製造工程を用いて、フルハンドメイドで仕上げている。

メイドインUSAでは機械を用いて吊り込みをするところを、1足1足手作業によって行っており、「M1300」伝統のシルエットである「SL-2」ラストの形状により沿った、フィット感のあるシューズを作り上げた。

国産の最高級レザーを使ったアッパー

アッパーには、100年超の歴史を持つ日本を代表するタンナー「山陽」が厳選した、きめ細やかなステアハイドを採用。
ステアハイドは、牛一頭、1スキンの染色工程で色ブレやばらつきが大きくでること、また高コストであることなどを理由に、スニーカーにはメイン素材として採用されることが少ない素材だ。今回は、染色可能なステアハイドの選定と、国産の丁寧な染色作業によって、アッパーへの起用が叶った。

アディダス オリジナルスから鮮やかブルー

アディダス オリジナルス(adidas Originals)から新スニーカー「R - Retro : ZX 1000C」が、2020年8月7日(金)よりアディダス オリジナルス フラッグシップ ストア 原宿・新宿ほか取扱店にて発売される。
ウブロ 偽物
“アルファベット”を名前に冠した26足のスニーカーシリーズ「A-ZX」

2008年から2009年にかけてデビューしたアディダス オリジナルスの「A-ZX」シリーズ。2020年秋冬シーズン、アディダスは「A-ZX」シリーズのデビュー以来初となる、AからZまでアルファベットの頭文字をモデル名に冠した全26足のシューズを連続でリリースする。

第1弾は「ZX 1000C」シリーズの初代モデルを初復刻

シリーズ第1弾のアルファベットは“R”。「R – Retro(レトロ)」として、1980年代後半に登場したアディダスのスニーカー「ZX 1000C」シリーズのファーストモデルを初めて復刻する。

「R - Retro : ZX 1000C」は、モノクロの合成スエードとナイロン製メッシュアッパーを組み合わせたアッパーをベースに、アディダス オリジナルス伝統のブルーをスリーストライプス、つま先、ヒール部分に配した。


クリーム色のアウトソールには、足の安定性を向上させる「トルションシステム」が搭載されている。

なお「A-ZX」シリーズは、本モデルを皮切りに、世界で注目を集めるパートナーとのコラボレーションやアディダスのアーカイブモデルから着想したモデルを続々と展開予定。アルファベット1文字につき1モデルずつ登場するので、第2弾以降のモデルにも注目だ。

アーカイブに新たな要素を掛け合わせた新作スニーカー

オニツカタイガー(Onitsuka Tiger)から、2021年春夏コレクションの新作スニーカーとサンダルが登場。

アーカイブに新たな要素を掛け合わせた新作スニーカー
2021年春夏コレクションでは、過去のオニツカタイガーのアーカイブの要素とコンテンポラリーなピースを融合させた。素材やディテールのハイブリッドでフレッシュなデザインを展開する。

「ACROMOUNT」は、1970年代のアーカイブシューズからインスピレーションを受けたニューモデル。アッパーまで覆うように施されたソールが目を引く1足だ。ヴィンテージ感のあるファブリックとレザーを組み合わせ、スタイリッシュな印象に仕上げた。

ロングセラーモデル「メキシコ(MEXICO)」と、2020年の秋冬で登場した「デンティグレ(DENTIGRE)」の要素を融合させたのが、「DENTIGRE MX」。つま先部分のラギットなソールが印象的だ。また、上質な刺繍であしらわれたオニツカタイガーストラップがデザインアクセントとなっている。

スリムなフォルムの太極拳シューズから着想を得た「TAI-CHI-REB SOCK MT」も登場。アッパーには1枚仕立てのしなやかなニット素材を使用し、まるで“靴下”のような軽い履き心地に。ヒールアップタイプのインソールを採用することで、無駄のない美しいシルエットを実現した。

これらスニーカーに加えて、スポーツサンダル「DENTIGRE STRAP」も発売。「DENTIGRE MX」と同じく大胆なソールが魅力だ。

厚底コラボスニーカーに“ショッキングピンク”の差し色

ニューバランス(New Balance)と、アーティストや俳優として活躍するジェイデン・スミスのコラボレーションスニーカー第4弾が、2021年1月29日(金)、スニーカーズエンスタッフ 東京ほかにて発売される。

厚底コラボスニーカーに“ショッキングピンク”の差し色

コラボレーションで登場するスニーカー「ニューバランス フォー ジェイデン・スミス ビジョンレーサー(NB for Jaden Smith Vision Racer)」は、スポーティな「エックスレーサー(X-Racer)」や定番「M1700」など、ジェイデン・スミスが好んでいるスニーカーをベースとしたモデルだ。

第4弾となる今回は、ホワイトとブラックを基調に、ショッキングピンクのアクセントを添えた2モデルが登場。“VISION”とプリントされたボリューム感あるアウトソール、Nロゴとアッパーのパイピング、タンのウェビングテープに施したリフレクターなどの特徴を踏襲しつつ、スタイリッシュに仕上げた。

なお、「ニューバランス フォー ジェイデン・スミス ビジョンレーサー」は、各パーツに再生素材を一部取り入れており、環境に配慮したスニーカーとなっている。

ミズノの1995年発売シューズ「コンテンダー」を復刻

ミズノ(MIZUNO)のカゾクプロジェクト(KAZOKU PJ)から、トゥエンティーフォーカラッツ(24KARATS)とミタスニーカーズ(mita sneakers)とのトリプルコラボレーションによるスニーカーが登場。2021年4月24日(土)より発売される。

ミズノの1995年発売シューズ「コンテンダー」を復刻

カゾクプロジェクトは、ミズノが作ってきたスポーツシューズを厳選し、各国のスニーカーコミュニティとのコラボレーションを行いながら、現代的なスニーカーとして復活させる試み。今回のコラボレーションスニーカーのベースとなるのは、1995年発売のランニングシューズ「コンテンダー(CONTENDER)」だ。

全体のカラーにはアメリカンカルチャーの雰囲気を醸し出すビーフ&ブロッコリーを採用した。アッパー部分には90年代のストリートシーンで活躍したリップストップナイロンを使用し、1ドル紙幣のプリントを採用。ダンスカルチャーに起源をもつトゥエンティーフォーカラッツらしさも表している。

シュータンにはトゥエンティーフォーカラッツとミタスニーカーズのロゴの刺繍を、インソールにはトゥエンティーフォーカラッツの本拠地・中目黒とミタスニーカーズの本拠地・上野のステーションコードをデザイン。細かな仕掛けも効いたアイテムだ。

「A-ZX」最新作はア ベイシング エイプ×アンディフィーテッド

アディダス オリジナルス(adidas Originals)の「A-ZX」シリーズから、ア ベイシング エイプ(A BATHING APE)とアンディフィーテッド(UNDEFEATED)のコラボレーションによるスニーカーが登場。2020年11月14日(土)より、ア ベイシング エイプ、アンディフィーテッドなどで販売される。

「A-ZX」最新作はア ベイシング エイプ×アンディフィーテッド

アディダス オリジナルの「A-ZX」とは、AからZまでのアルファベットにちなんだ26足のユニークな「ZX」を連続リリースするシリーズ。2020年、デビュー以来12年ぶりに復活したこのシリーズの最新作となるのが、ア ベイシング エイプとアンディフィーテッドとのトリプルコラボレーションスニーカーだ。
アディダス偽物
「ベイプ カモ」がベースのスニーカー
コラボレーションスニーカーは、ア ベイシング エイプのアイコニックな「ベイプ カモ(BAPE CAMO)」が主役。「ベイプ カモ」のナイロンとスエードを組み合わせたアッパーに、クラシックなガムソールをコンビネーションしている。

また、3ブランドを象徴するモチーフやロゴの刺繍を、ソックライナー、シュータン、シューレース、ヒールなどスニーカーの随所に散りばめた。

カラーバリエーションは、グリーンとブラックの2色。いずれもホワイトのミッドソールやスリーストライプがアクセントを加えている。

スティーマー PM

1901年に誕生したシックな「スティーマー・バッグ」を再解釈した「スティーマー PM」は、エレガントな雰囲気と機能性を兼ね備えたビジネスバッグとして登場。

ソフトトランク&ミニ・ソフトトランク

メゾンのトランク作りの伝統を体現した「ソフトトランク」は、メタリックな仕上げなど特徴的なディテールはそのままに、しなやかなレザーを用いることで肌触りの良い質感に仕上げ、持ちやすい仕様に。マット加工を施したチェーンとレザーのショルダーストラップは、取外すことができるため、多彩なシーンに合わせて使うことが可能だ。

さらに、「ソフトトランク」より小型の「ミニ・ソフトトランク」も展開。アクティブに使えるモダンな1品だ。

ポシェット・ヴォルガ

小型ながら、スマートフォン3台分の収納力がある「ポシェット・ヴォルガ」は、小ぶりなバッグ、もしくは財布としても使えるマルチなデザインが魅力。ハンドルは取外し可能となっている。

また、「ニュー・クラシックス」で展開されたバッグは、今後様々な素材・色で展開される予定だ。

“星空”文字盤が隠れたシークレットウォッチ

ショーメ(CHAUMET)は、「エピ ドゥ ブレ」コレクションの新作シークレットウォッチを2021年6月より発売する。

ショーメのプレシャスジュエリー「エピ ドゥ ブレ」コレクションより、“麦の穂”をモチーフにした新作シークレットウォッチが登場。“麦の穂”のカバーをスライドさせると“夜空”を思わすアベンチュリンのダイアルが顔をのぞかせるロマンティックなデザインで、“時を告げるジュエリー”という名に相応しいラグジュアリーな逸品だ。

“麦の穂”の透かし彫りカバー

象徴的な“麦の穂”のモチーフは、イエローゴールドやダイヤモンドを使って表現。ブラッシング加工によって艶を抑えたイエローゴールドの葉や、ダイヤモンドをあしらったポリッシュ仕上げの穂はどれも生き生きとした表情で、カバーの隙間から見え隠れする麦の葉のような形の針は、動くたびに穂が揺れているような臨場感を与えてくれる。

透かし彫りのカバーの下には、深みのあるカラーで星が瞬く夜空を表現した文字盤をセット。サテンストラップとパヴェ ダイヤモンドを並べたバックルを組み合わせて、細部にまでこだわりを詰め込んだ。サイズは、シークレットウォッチとしては珍しい30mm。

“音楽が鳴る”ジュエリーウォッチ

ヴァン クリーフ&アーペル(Van Cleef & Arpels)は、“バレエ”に着想を得た新作腕時計「レディ アーペル バレリーナ ミュージカル」を発売。

「レディ アーペル バレリーナ ミュージカル」は、オルゴール、カリヨンを内蔵した“音楽を奏でる”ジュエリーウォッチ。目からも耳からも、魅惑溢れるバレエの世界を楽しめる腕時計だ。

文字盤には、実際の舞台の場面を立体的に表現した。細やかな彫刻、エングレービングによって中心に幕をセット。文字盤上部にはダイヤモンドを贅沢にあしらい、シャンデリアや豪華なカーテンを描き出している。また、パリ・オペラ座のトップダンサー“エトワール”へのオマージュとして、星モチーフもあしらわれている。

オーヴァーシーズ・デュアルタイム


「オーヴァーシーズ・デュアルタイム」の新作モデルでは、ブラックラッカーダイヤルとコントラストの効いた、18Kゴールド製のインデックスや針をケース内にセット。直径41mmのステンレススティールによるシルバーのケースには、「オーヴァーシーズ」コレクションにおいて象徴的な6角形のベゼルを施した。

ストラップは付け替え可能な3本が付属する。ステンレススティール、ラバー、アリゲーターの3種各1本ずつがセットになっており、シーンや気分によって雰囲気を変えることが可能だ。

また、「オーヴァーシーズ・デュアルタイム」はその名の通り、2つのタイムゾーンを同時に表示する機能を備えている点も特徴。3本のセンター針でローカルタイム(現地時間)を示す一方で、4本目の赤いセンター針でホームタイム(生活拠点時間)を示している。

パネライ

ページ移動